職業用ミシン・エクシムプロで鬼のパンツ~縫い縫い編~

WS000010
しるし付けまで終わった鬼のパンツをいよいよ縫っていきます。その前に、鬼のパンツのパーツを念のため確認しましょう!

WS000011

前パンツ2枚、後ろパンツ2枚 合計4枚の生地があれば大丈夫です。
前か後ろかわからなくなってしまうと困るので、シールなどを貼ってわかるようにしておくと間違えなくて大丈夫です←ここ重要!写真を見るとわかりますが、ガムテープに前・後と文字を書いて貼ってあります。雑ですね~、ガムテとか(笑)おしゃれなハンドメイドライフって雰囲気ではありませんね。どちらかというとガテン系ですか?

お恥ずかしながら、もう長いことミシンを使っているというのにいまだに縫い合わせる場所や裏表を間違えて縫ってしまうのです。どうしてでしょうね?歳のせいかしら?毎回すごくよく確認しているつもりなのに、今日もアラアラどうしたの?というような間違えをしてしまいました(シール貼ってませんでした)

では、待ち針でとめます。
前パンツと後ろパンツの「脇」を「中表」にあわせます。そして、待ち針でとめます。型紙通りにうまく裁断できていれば、布端がきれいにぴったりします。
WS000015

次に、縫います。
布端から、だいたい1cmの場所を直線縫いです。縫いはじめと縫い終わりは返し縫いしましょう。(一番上の写真、縫っているところです)
ほつれ止めにロックミシンをかけます。持っていない人は、ロックミシンを買いましょう。(私が使っているのはベビーロックの衣縫人→ベビーロック ロックミシン 「衣縫人BL5700EXS」  【送料無料】【5年保証】 【楽ギフ…(楽天リンク)。もちろんエクシムプロと同様、ミシンジャパンさんで数年前に購入したものです。)ミシンジャパンさんのサイトでロックミシンについて見て、やっぱりまだ買わなくてもいいかなと思った人はジグザグミシンでほつれ止めしてください。でも、いずれロックミシン買おうかなあと思ったら、一刻も早く購入した方が良いです。ジグザグしてる時間がもったいない!!その分、たくさんの作品を作れますよ!

縫製の続きです。

WS000012

写真みたいに縫えましたか?

続けて、股下も縫ってください。ほつれ止めもネ。
WS000013

ひっくりかえすとこんなかんじです。
WS000014

なんか、いい感じですね。

脇と股下が縫えたら次は股上を縫います。次回に続きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


スポンサーリンク

コメント